川崎・堀之内・南町 カワサキリサーチ
tag

国内有数のソープランド街を有する川崎。川崎ソープを代表する堀之内や南町をご紹介します。

paper
堀之内・南町、川崎ソープ情報

堀之内ソープランドの歴史

神奈川県川崎市川崎区の堀之内町。
いわゆる「川崎の堀之内」と言えば、言わずと知れた関東大手のソープランド街です。

関東では、東京都台東区の吉原に次ぐソープランドの規模を誇り、それなりに風俗を経験したことがある関東在住の成人男性であれば「川崎 堀之内」と聞けば、まずソープランドを思い浮かべるでしょう。その店舗数は60店近く、実際に検索エンジンで「川崎 堀之内」と入力すると、ソープランドの情報ばかり出てきます。ところで、なぜ川崎の堀之内はソープランドのメッカになるに至ったのでしょうか。

そもそもの始まりは江戸時代、川崎堀之内は宿場町として栄えていたようです。旅籠には「飯盛女」と言われる売春婦をかねた仲居がいたことが発端のよう。戦後は青線地帯として堀之内での売春はますます活発化。そして1960年にはのトルコ風呂(のちのソープランド)が開店しました。

これにより川崎市堀之内町は公式にトルコ風呂許可地域となっていきます。1969年には城郭風の豪華トルコ風呂「川崎城」がオープンし、それをきっかけにソープランド街として本格的に栄えることになったようです。

また川崎堀之内には青線時代の名残で「ちょんの間」と呼ばれる業務店舗も数あります。
「ちょんの間」は、今や国内で非常に数少なくなってしまい、その意味で貴重な街でもあるのです。